美容液の歴史

女性の綺麗を応援してくれる化粧品。 化粧品には、実に様々な種類のラインナップがあります。 その中の1つである美容液。 美容液は、基礎化粧品の1つとなります。 美白成分や保湿成分といった女性には嬉しい美容の成分がたっぷりと濃縮されて配合されています。 一般的な美容液の利用法は、美容成分を肌に効率的に吸収をさせるために、化粧水などで肌を整えた後、油分を含んでいる乳液などといった基礎化粧品を使用する前に肌に馴染ませます。 日本においての、美容液の先駆けとなったのが1975年に発売をされたコーセーRCリキッドです。 その後、1980年代に入り、資生堂とエスティローダーが高機能とうたった美容液を発売した事をきっかけとして、大きく広まりました。 金額も、美容に対する有効成分がしかも高濃度で配合をされているので、ほかの基礎化粧品と比較をした場合に、美容液は高価です。

そして、美容液に配合をされている割合が多い、気になる美容成分を見てみましょう。
◆ビタミンE
◆ビタミンC
◆エラスチン
◆レチノール
◆ハトムギエキス
◆トラネキサム酸
◆アルブチン
◆コラーゲン
◆海藻エキス

美容成分の名前を認識する事によって、綺麗へ近づける気がしますよね。